2010年8月7日土曜日

災害ボランティア実習 in 広野町 二日目

現代社会学科の高木です。

災害ボランティア実習の二日目の様子をお伝えします。

今日の作業も昨日と同じ。
非常に暑くてバテバテです。こまめに休憩を取りつつ、がんばって作業をしました。

昨日も今日もそうですが、昼は箒平地区の人たちと交流会をおこないました。



食事の準備もお手伝いしました。
大釜でご飯を炊くという貴重な経験もしましたよ。




二日間の箒平地区での作業も終了
地区の皆さん、いろいろとありがとうございました。

2010年8月6日金曜日

災害ボランティア実習 in 広野町 初日

現代社会学科の高木です。 災害ボランティアの初日の様子をお伝えしたいと思います。
(速報しようと思っていたのですが、インターネットが使えませんでした。スミマセン)

今回の作業は、昨年と同じく生活道路の整備。具体的に言うと、道路にはみ出した草木や枝を地区の人が草刈り機やチェンソーで切り取り、それを道路の端へと片付ける作業が一つ。



いばらなど、トゲのある草木が多く、作業はとても難航しました。刺さったら痛いんですよ~。


もう一つは、道路の白線上に落ち葉がたまって見えなくなっているので、それをスコップでよけて、白線が見えるようにする作業。「白線出し」と呼ばれる作業。

時間いっぱいがんばりました。

2010年8月5日木曜日

災害ボランティア実習 in 広野町

現代社会学科の高木です。

8月6日から8月8日までの予定で、災害ボランティア実習を実施いたします。

今回は広野町で生活道路の清掃作業と海浜清掃を実施します。
がんばってきます。

前回同様、今回の実習でも、なるべくリアルタイムで画像や動画を
アップしていきたいと思います。
(誰がみてくれているかわかりませんが……)

それでは、お楽しみに。

四倉地区の居住環境とまちづくりに関する調査

現代社会学科の高木です。

いわき明星大学現代社会学科には社会調査実習という授業科目があります。
毎年、いわきの各地区において調査票による調査を実施しております。

今年は「四倉地区の居住環境とまちづくりに関する調査」を実施します。

四倉地区にお住まいの方々を対象に、まちづくり、福祉、環境、交通、等々に関して、
居住者が何を考えているのかを調べるものです。

調査期間は8月16日より8月27日までを予定しております。
調査票が届いた方がいらっしゃったら、是非ともご協力よろしくお願いいたします。




現在、調査に向けて準備作業中!!

2010年8月2日月曜日

オープンキャンパスを開催しましたよ!!

現代社会学科の菊池です。

7月31日と8月1日にいわき明星大学のオープンキャンパスが開催されました。

現代社会学科の模擬講義と学科見学には、100名を超える学生・ご家族の皆さんにご来場いただき、ありがとうございました。

7月31日:大橋先生の模擬講義Ⅰでは、私たちの身近な学校の今と昔を比較しながら、「学校って何か?」を考えることのできる講義でした。次に、柳澤先生の模擬講義Ⅱでは、大橋先生の講義を応答するかたちで、参加の皆さんと学生・教員スタッフが「大学で学ぶこととは?」をそれぞれの経験を通して語り合いました。

8月1日:菅野先生の模擬講義Ⅰでは、裁判員制度の導入の理由について、刑事裁判の実態などを質問形式で考えながら、わかりやすく理解できる講義でした。次に、神山先生の模擬講義Ⅱでは、菅野先生の講義を応答するかたちで、私たちの身近な人間関係や家族関係などの事例を交えながら、「社会学とは何か」について学ぶことができる講義でした。

学科見学では、学科紹介やゼミ活動のパネル、書籍コーナー、相談コーナーなどを設置して、学生スタッフから学生生活の様子や学科の特色などの紹介を行いました。また、地域健康予防教室を体験するコーナーでは、参加の皆さんに「絵はがき」などを作成していただきました。

次回のオープンキャンパス(現代社会学科の模擬講義&学科見学)は、9月5日(日)3W-301教室にて実施します。
ぜひとも、皆さんお立ち寄りください。

9月5日11時より、茨木先生から「文献を読んで絵に書こう」というタイトルで講義を実施します。そのあと、井澤先生より「働くとはどのようなことか;自らの経験を通して」と題して模擬講義を実施します。
模擬講義のあとは、同教室に設置してある現代社会学科の紹介パネルや書籍コーナーを自由なかたちに見学していただく予定です。スタッフにお気軽に声をかけてください。

皆さんのご来場をスタッフ一同、お待ちしています。



大橋先生による模擬講義の様子


8月1日に実施された菅野先生の模擬講義



大学生活についていろいろとお話をしました。

場所:5丁目,いわき市,日本