2010年10月20日水曜日

第3回 日本-ドイツ社会学会議 開催のお知らせ

このたび、第3回 日本-ドイツ社会学会議をいわき明星大学で開催することとなりました。皆様のご参加をお待ちしております。

期  日: 2010年11月20(土)~22(月)日

会 場:いわき明星大学 970-8551 福島県いわき市中央台飯野 5-5-1              


主  催: [日本]ドイツ社会学研究会(Japanische Arbeitsgemeinschaft für Deutsche Soziologie≒JADS)

共 催: いわき明星大学人文学部現代社会学科 /同大学院人文学研究科社会学専攻
後 援: 日本社会学史学会  
       
事務局: いわき明星大学人文学部現代社会学科 茨木研究室 0246-29-7214
(不在の際の問合せ―学科主任室 0246-29-7323)/e-mail: ibaraki@iwakimu.ac.jp / FAX 0246-29-7111(人文学部事務室 )   
     
主  題: 「草創期ドイツ社会学の固有性と現代的意義」
(,,Die Eigenart der deutschen Soziologie zur Zeit ihrer Gründung und ihre Bedeutung für die Gegenwart" )  
         
運 営:

1.参加者は、準備の都合上、e-mail か ハガキで11月10日までに、事務局に参加費を届けることとする (折返し、プログラム他を送付)。

2.共通言語は日本語とドイツ語(又は英語)。原則として報告:40分、質疑応答:20分。

3.ドイツ語(英語)の報告原稿は、あらかじめ邦訳され、当日適宜朗読される。質疑応答も通訳される。 尚、ドイツの報告者は、原稿(約10ページ)を2010年7月末まで、日本の報告者は(ドイツ語か英語による長め-4~5ページ-の)要旨を9月末まで、事務局に送付のこと。

4.参加費は1日分2,000円(一般 / 院生-1,000円、学生-500円)。 報告原稿(対訳)・要旨の実費は、3,000円。 尚、協賛金は、1口:10,000円以上。協賛者は、いずれも無料(欠席で御希望の場合、上記冊子を進呈・送付)。 懇親会費(別途)-3,000円。

5.会議場―本館4階「大会議室」/役員控室―本館4階「小会議室」/一般控室―本館1階「教員談話室」

6.通訳―島村賢一氏(放送大学非常勤講師)他

(会議に先立って開催される下記の特別講演は、自由に入場可能。) 

0 件のコメント:

コメントを投稿