2011年7月31日日曜日

オープンキャンパス二日目

現代社会学科の高木です。

オープンキャンパスの二日目です。
今日もやりましたよ!! 現代社会学科の説明会を!!

蒸し暑い一日でしたが、多くの人に来ていただき、現代社会学科を知っていただきました。



学生生活のこと、勉強のこと、資格のこと、何でも聞いてください!!
責任もって答えますよ~!!



お昼休み中!! 午後からもがんばります!!




今日の模擬講義は鎌田先生。福祉の仕事の魅力を紹介してくれました!!

今度のオープンキャンパスは9月4日です。
みなさんのご来場をお待ちしております。

2011年7月30日土曜日

今日のオープンキャンパス

現代社会学科の高木です。

今日はオープンキャンパスの初日でした。
天気もよくなく、出足はあまりよくなかったのですが、
来場していただいた方、まことにありがとうございました。




鎌田先生による模擬ゼミナール。東日本大震災に際して、何ができるかみんなで議論中です。



アドちゃん登場!! 現代社会学科の説明会場に来てくれました。一緒に記念撮影。



アドちゃんに現代社会学科について説明しているところ。菅野先生ががんばって解説しています。



模擬講義は大橋先生が担当。教師の仕事のおもしろさについて話してもらいました。写真は教育実習に行った現代社会学科・高橋さんによる体験談。


明日も現代社会学科の説明会を行います。皆さんのご来場をお待ちしております。

2011年7月29日金曜日

明日はオープンキャンパス

現代社会学科の高木です。

明日、明後日はいわき明星大学のオープンキャンパスです。
現代社会学科も説明会をおこないます。

明日に向けての準備も先ほど完了しました。
皆さんのご来場をお待ちしております。


オープンキャンパスでは模擬講義もおこないます。

30日は大橋保明先生がおこない、31日は鎌田真理子先生が担当します。

大橋先生は「教師の仕事とその魅力」と題してお話をします。

講義内容:
「教師の仕事」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか? 現代社会を生きる教師の仕事は実に多様であり、求められる能力(専門性)も教科に関する確かな知識や情報処理能力、多面的な生徒理解など際限なく高度化しています。悩みや苦労が耐えない大変な仕事ですが、児童生徒の「わかった!」が聞こえてきたときの喜びは何物にも変えがたく、やりがいを感じることができます。
本講義では教師の仕事への理解を深めるとともに、高度な専門性を身につけるために教職課程でどのようなことを学ぶのか、教師になるために今からできることなどについて、「子どもの学びサポート広場事業」(学習支援活動)の様子も紹介しながら、楽しく考えてみたいと思います。

鎌田真理子先生は「福祉の仕事と東日本大震災での活動」と題してお話しています。

講義内容:
私たちが日常生活を送る中で自分たちでは解決できない課題に遭遇することがあります。そのような時にさまざまな形で支援するのが福祉の専門家です。いったいどのような仕事があるのかをこの講義で紹介したいと思います。同時に、福祉専門職者は東日本大震災において、目立たないけれども重要な仕事を担っています。その姿に迫ってみましょう。そこから福祉の仕事の魅力についてお伝えしたいと思います。

2011年7月13日水曜日

井澤先生の著書が出版されました

このたび、井澤先生の著書『実業学校から見た近代日本の青年の進路』が出版されました。
明星大学出版部より税込み2625円で発売されています。



私も読みましたし、学科の先生で合評会を実施しましたが、
おもしろいと好評でした。
皆さんもお読みいただければと思います。

2011年7月4日月曜日

オープンキャンパス2011を実施しました

7月3日にオープンキャンパス2011を実施し、
現代社会学科でも説明会をおこないました。

現代社会学科は今年もパネルを用いて、
学科の特徴やおもしろい取り組みを紹介しています。
当日の様子を写真で紹介していきたいと思います。


皆さんをお迎えするウエルカムボードです。


海外研修の様子について熱のこもった紹介が行われています。


現代社会学科の重要科目、社会調査実習の成果について報告しているところ。


鎌田ゼミでは東日本大震災における課題をKJ法を使ってまとめているところです。


会場の全体の様子。次回のオープンキャンパス2011は7月30日、31日です。皆さんも説明を聞きに来てくださいね。よろしくおねがいします。